双極性障害を理解して解決【気分のめまぐるしい変化を治す】

楽しい

躁うつ病との付き合い方

悩み

精神科の病気のひとつとして知られているのが双極性障害です。躁状態とうつ状態を交互に繰り返すことが特徴です。周囲の人は冷静な態度で見守ると同時に、浪費などを最小限に抑えるための現実的なサポートを行うことが大切です。

Read More...

極端な気持ちを往復する病

笑顔

双極性障害とは、躁状態と鬱状態を極端に繰り返す心の病です。鬱状態が本質的な不安を、躁状態が不安の抑圧を表しているという考え方があります。双極性障害では治療のきっかけ作りのために、自分が双極性障害と思った時に周囲の人に伝えておくことが大切です。

Read More...

躁とうつとを繰り返す病気

落ち込み

双極性障害は、以前は躁うつ病という名称で呼ばれていました。この病気を発症する人の多くが、うつ病から次第に躁とうつとの症状を交互に示すようになっていきます。明るく社交的で、しっかりしたタイプの人がかかりやすいとされる病気です。遺伝的な要素に加え、環境的な因子が影響を及ぼすともいわれています。発症の直接のきっかけは、生活が不規則であったり、仕事や家庭におけるストレスがあったりといったことが多くなっています。はじめのうつ状態を見て、周囲の人はうつ病だと誤解することが多いのですが、双極性障害の場合のうつの病態は通常のうつ病に比べて進行が早く、症状が重いという特徴があります。そのあとで躁の症状が出てくるわけですが、今度は異常なほど気持ちが高ぶり続け、ひとつのことに集中できず、ひどく饒舌になり、一時もじっとしていることができません。ギャンブルや買い物への依存状態になる人もいます。このような状態とうつ状態とが繰り返し現れるというのは、大変つらいものです。そのため、双極性障害の患者は適切な治療が遅れると自殺に追い込まれてしまう危険が非常に高いのです。通常のうつ病患者と同じ治療薬では逆効果になることもあるので、本人はもとより周囲もできるだけ早く事態の重大さを認識し、医師の治療を受けることが肝心です。

双極性障害の患者の中に、はじめにうつ病という病名がついてしまう人がなぜ多いかというと、本人が気分の落ち込んでつらいときの話しかしないことが原因のひとつとされています。ハイ状態になってやたらと活動的になっている自分のことを、患者は病気だと認識していません。そこで医師はうつ病の薬を処方してしまうわけです。自分の気分に波があると思ったら、そのことを医師に詳しく説明することが、正確な診断を得て適切な薬を出してもらうために重要です。うつ病の薬を飲んでいる間はつらくてたまらなかったのが、双極性障害の薬を服用するようになったら症状がずっと落ち着いて楽になってきた、と多くの経験者が述べています。躁状態の患者が大声で叫んだり、家族に怒鳴り散らしたり、行く先も告げずにどこかへ飛んでいってしまったりすると、家族は気苦労が絶えません。ですが患者はそうしたくてしているわけではないことをしっかり肝に銘じておく必要があります。なかなか難しいことですが、「あなたがうつ状態でいてくれる方が(躁状態より)助かる」という言葉は、患者の心を深く傷つけるだけなので口にすべきではありません。患者がうつ状態のときは無理をさせないようにして見守り、躁状態のときは、暴言などの態度が目に余る場合はきちんと注意します。また、患者は病状が少し良くなると薬の服用をやめたがるものですが、中途半端にやめると再発のもとになるので注意しましょう。

精神疾患の原因

うつ

双極性障害は社交的な性格の方に多いとされている病気です。遺伝的な要因も関係しているとされており、発症のメカニズムは未だ研究段階です。現在では脳の血流状態を調べることで、うつ病や双極性障害の兆候を見つけることが出来ます。

Read More...

躁とうつを繰り返す病気

うつ病

双極性障害は、うつと躁を繰り返す精神疾患で、自殺によって亡くなる人が多い病気です。しかし、正しい治療を受けることで、改善の方向に向かう病気でもあります。規則正しい生活を送り、専門医による薬物療法と精神療法が主な治療法です。

Read More...

うつ病との違いに理解を

仕事

双極性障害は、うつ病と間違いやすい病気なので注意が必要です。精神科できちんとした治療を受ければ、普通に社会生活を営むことができます。自分の発症についてのくわしい記録をとっておくと、あとで再発しそうなときなどに役立ちます。

Read More...