双極性障害を理解して解決【気分のめまぐるしい変化を治す】

極端な気持ちを往復する病

笑顔

気分が高まったり、沈んだりということを極端に繰り返す心の病を、双極性障害と呼びます。別名で躁鬱病と言われるように、双極性障害は気分が異様に高まる躁状態と、一方で落ち込んでしまう鬱状態を短い期間で繰り返す点が特徴的です。双極性障害は両極端な気持ちを行き来しますが、大抵はどちらかに少し偏りが見られます。また、鬱状態が本質的なもので、躁状態は鬱状態を過度に抑圧しようとした結果という見方もあります。そのため、周囲の人々や医師は、躁状態が何を抑圧した結果なのかということと、鬱状態が何について思い悩んだり苦しんだりしている結果なのかということを、患者の言動から見極める必要があります。また、双極性障害と似た心の病には統合失調症があり、この病の陽性症状と陰性症状の極端さが双極性障害と誤診されることや、その逆もあります。誤診を防ぐためには、セカンドオピニオンを検討し、何人かの医師の意見をしっかりと患者、または家族など支えとなる人が把握して総合的に判断する必要があります。

双極性障害が疑われる場合は、何よりも医療機関の受診が大切です。しかし、双極性障害は感情の極端な揺れ動きでエネルギーをかなり使い、鬱状態では病院に行ける状態ではなかったり、躁状態の時にも元気に見えるため、なかなか受診に繋がる機会がありません。そこで工夫すべき点は、自分が双極性障害かもしれないという感覚を持った時に身近な人に伝えておくということです。これにより、周囲の人も双極性障害の可能性を考慮して本人の感情の揺れ動きを見ることができますし、患者自身が病院に行けない状態でも、医師や医療機関への相談のきっかけとなり、結果的に治療に繋がっていきます。双極性障害は薬が比較的効きやすいものでもあるので、まずは症状を和らげるための受診から始め、症状が少しずつ改善し、カウンセリングや医師との積極的なコミュニケーションを取れるようになれば、根本的な問題の解決や環境の調整という対処を行うことができます。双極性障害で何よりも大切なのは治療に対するきっかけ作りと言えるでしょう。