双極性障害を理解して解決【気分のめまぐるしい変化を治す】

躁うつ病との付き合い方

悩み

うつ病や統合失調症などと並ぶ精神科の病気のひとつとして知られているのが、双極性障害です。躁うつ病とも呼ばれ、躁状態とうつ状態が交互に現れることが特徴です。当初はうつ病と診断されていた患者が、後になって双極性障害と診断されるケースも少なくありません。躁状態の患者は明るく前向きなエネルギーに満ち溢れているため、傍目からは健康そうに見えますが、実際には気分の波がもたらすさまざまな弊害に苦しんでいる場合が殆どです。なかには自殺に追い込まれるケースもありますから、油断は禁物です。双極性障害の治療方法は、薬物療法が中心です。躁やうつの病状に合わせて、気分を安定させる薬や、抗うつ剤などが処方されます。薬を適切に服用して症状をコントロールすることで、双極性障害を受け入れながら社会生活を送ることが可能になります。躁やうつの状態が酷く、患者自身や周囲の人を傷つけるおそれがある場合には、入院治療が必要になることもあります。医師を信頼して、焦らず気長に治療を続けることが大切です。

躁状態では、活動性が高まるあまり、客観的に見て無謀な計画を立てたり、浪費や性的逸脱などの衝動的な行動をとったりすることが多くなりがちです。怒りの感情のコントロールがきかなくなり、職場や家庭などで他人と衝突したり、それをきっかけとして離婚や退職につながってしまう場合も少なくありません。症状が落ち着いてから後悔の念に苛まれ、うつ状態を悪化させる原因にもなってしまいます。周囲の人は、患者の言動に振り回されずに、なるべく冷静な態度で見守ることが大切です。ギャンブルや浪費で借金がかさんでいる場合には任意整理や自己破産などの法的な手続きを勧めることも重要です。躁状態での浪費が予想される場合には、あらかじめクレジットカードの限度額を低く設定したり、病状が落ち着くまで家族が預かるなどの予防策を講じておくと安心です。ギャンブルや性的逸脱に走りがちな人は、他に熱中できる趣味を持つのも効果的です。職場にも病気について隠すのではなく、正直に話して理解を得るほうが賢明です。